トップページ > 観る > 作楽神社
  • 作楽神社
  • 作楽神社

後醍醐天皇が隠岐へ配流される際、奪回に失敗した児島高徳が桜の樹に無念の句を彫りこんだ故事の舞台となった場所。
「天、勾践を空しうすること莫れ。時に范蠡無きにしも非ず。」 の詩は有名です。
神社として整備され、春は桜、初夏はカキツバタの名所として知られる。

施設名 作楽神社
所在地 〒708-0015
岡山県津山市神戸433
TEL (0868)28-0719
駐車場 有り(30台)

地図